元カノとのセックスを楽しみたいならセフレにしてしまえ!

付き合ってた彼女が惜しいと思う時、その理由は果たしてなんでしょうか?楽しい思い出も多いかもしれませんが、その中にはどうしてもセックスのことも思い出してしまうのではないでしょうか。
しかし別れてしまった以上セックスのためにヨリを戻したい、なんていうと絶縁されてしまうかもしれません。
また、新しい彼氏が居るから別れたのではないという時は、思い切って元カノをセフレにしちゃいましょう。
意外と利害は一致するかもしれません。

元カノをどうやってセフレにするの?

元カノと別れた理由が相性の違いと言うのは良くあります。
同棲をしていて、性格が合わなかったり、ストレスが溜まってしまって衝動的に別れてしまったりと色々な理由があるでしょう。
衝撃的な別れ方をしないで、別れたあとも連絡を取れる仲であれば可能性はゼロではありません。
分かれて数日でセフレを頼んだらさすがに怒られてしまうかもしれません。
そのため、ねらい目としては3週間前後です。
それまでは簡単な連絡ばかりをして、ある程度期間が経ったら「最近セックスしてないからどう?」と誘ってみるのもいいかもしれません。
意外とその誘いに乗ってくれるはずです。
また、断られた場合もそれが完全な拒絶なら諦めた方がいいかもしれませんが、意外に好感触という時があります。
そんな時は何回かに分けてアタックしてみるといいでしょう。

元カノをセフレにするひとなんているの?

最近の若者は意外と軽く男女交際をしています。
形だけの恋人関係というのが多いので、別れても普通に友達として連絡をしたり、遊んだりとしている人も多いのです。
そのため、元カノがセフレ、という人も少なくありません。
そのほかにも、元カノと今の彼女と3Pをした、なんてツワモノも居るくらいですので、特に珍しいことでもないのかもしれません。
元カノをセフレニするメリットとしては、第一に、お互い気心が知れているということが挙げられます。
初めまして同士ではないので、自分がどんな時にセックスをしたいかを知っておいてもらえることができます。
またセフレの作り方において、自分の仕事の都合や金銭に関することもある程度割り切ってもらえているはずですので、虚勢を張ることなく、「お金がないからホテルに行けない」なんてことを言うことができるでしょう。
また、自分にもしも元カノに未練があるときは、ちょっとだけでもヨリを戻せる可能性が生まれてくるかもしれません。
ヨリを戻したいと最初から言うよりも、明らかに気軽ですし、離しているうちに自然と戻っていくかもしれませんよ。