元カノと寄りを戻さなくてもいい?

元カノとセフレになるということは、ヨリを戻さなきゃいけなくなる、と思っている人も多いでしょう。ですが、元カノの方で気持ちの整理が付いている場合は、そんなことはありません。また、セフレと言うことは、恋人にはならないとわかりきっている人を選ぶ必要がありますので、しつこく復縁を迫ってくるような可能性がある人はきっぱりと諦めた方が得策です。元カノをセフレにしたいのであれば、こうした見極めも大切です。

■元カノをセフレにする方法とは
元カノがどういった相手なのかを分析してみましょう。浮気などに寛容だったり、貴方がセックス好きと言うことを知っていたり、彼女自身セックスには抵抗がないということなどを見ると、セフレにできる確率が高くなります。また、普段生活をしている上で、彼女がどういった思考の持ち主なのかも考えてみると良いでしょう。あっけらかんとしていて、セックスがすき、という時は、意外とセフレの方に乗ってきてくれるかもしれません。とくに、彼氏がいることをステータスとして見ている子はねらい目です。意外とセフレになってほしいと自分から言い出すかもしれません。彼氏・彼女になってしまうと、とにかく神経も財布もすりきれてしまいますが、セフレになればざくざくとした関係になることが可能です。嫌なことは簡単に嫌と言えますし、ケンカをして別れる、なんてこともありません。お互いが嫌だと思えば、連絡を絶てばいいだけの話ですからね。いつでも気軽にセックスし、嫌になったら関係を解消すると聞けばちょっと嫌な奴のように思えるかもしれませんが、もともとそれがセフレと言う関係ですので、それが嫌ならば、最初からセフレにならなければいい話です。女性とセックスをすることが好きな男性であれば、セフレがたくさんいることにあこがれるでしょう。そうした気持ちを持っているのであれば、彼女の方も分かってくれるでしょう。セフレは復縁するための手段ではありませんので、その点をしっかりと説明する責任はあります。